読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CloudStack勉強会 第3回 へ行ってきた

CloudStack

5/27(金)に行われた、CloudStack勉強会へ参加してきました。
前日まで10人以上のキャンセル待ち状態だったけど、急に参加できなくなった人も多かったみたいで、補欠から参加者枠内に、無事入ることができました。

CloudStackは少し前までは知らなかったのですが、OpenStackを調べていたところから、つい最近知りました。
日本では、IDCフロンティアがクラウド基盤に採用したこともあり、注目度が高くなっているようですね。

CloudStackを使ってみよう! – 荒井 康宏(オープンクラウドキャンパス/CloudStackユーザ会)

最初は、CloudStackの概要。主な特徴は以下のようなところ。

  • Cloud.com社がオープンソースとして公開しているIaaS型クラウド基盤
    • リッチな管理GUIが標準で装備。
    • 実装はJava
    • ロードバランサやファイヤーフォールもある。
    • KVM、XenServer、VMWare vSphre などに対応。
    • RightScale、enStratusなどのクラウド用管理ソフトからも利用可能。
  • 採用実績が多く、特にアジア圏には力を入れている
    • Tata Communications、Korea Telecom、Singapore Telecom等など、テレコム業界でも既に採用されている
      • これって、結構すごいことだと思います。高品質が求められるインフラ部分で、既にこれだけの実績があるなんて。日本は遅れを取っているような!?
    • 日本では、IDフロンティアが国内初で、北海道大学の学術システムでも採用。
  • フリーと商用のEdtionがある(比較表:PDF
    • Community Edtion
    • Enterprise Edtion
      • 企業向け。商用サポートあり。
    • Service Provider Edition
      • サービスプロバイダ向け。商用サポートあり。

管理GUIが付いていて、さらに大規模向けを意識しているため、拡張性も高いそうです。


Cloud.com/CloudStackの実績と今後の展開戦略 - Ken Kim(Cloud.com社 Asia-Pacific担当部長)

  • 会社概要
    • 本社のカリフォルニア70名、インド15名、日本2名(サポート)
  • 利用実績
    • 全世界で50社以上で採用。
      • これは多分商用Editionだと思われる。Community Edtion入れたらもっと多いと思われる。
    • ビジネスの半分程度はアジア圏らしい。
      • 日本法人の設立も検討している。
    • 3/4程度がプライベートクラウド
  • ロードマップ(2011/2Q)
    • CloudStackの上位レイヤーに、新しい製品をリリースしていく予定。
    • CloudZones
      • マルチテナント対応のようなもの。Cloudをゾーンに分割して、それぞれのゾーンで管理できる。
    • CloudPortal
      • CloudZonesに対応するポータルシステム。
    • これらの製品は、基本的には商用Editionが対象。
  • ロードマップ(2011/4Q)
    • CloudStack 3.0
      • IPv6対応
      • OpenStack Swift 対応
  • ロードマップ(2012/1Q)
    • CloudDesktop(VDI、RemotoDisplay)
    • CloudDR(Disaster Recovery)
  • Community Edition と Enterprise Edition との差
    • ソースコードは90%程度ほど共有。
    • Enterprise Edition が先行して新しい機能を提供、追って、Community Editionでも提供。
      • リリースのズレは、内容によって異なるが、半年以内と聞いた。


サービスを提供する企業側にとっては、サポートがあるのは重要なのだと思います。
日本では、まだまだOSSのサポートに対する認知が弱いように思いますが、導入スピードを考えると、お金を払ってリードタイムを短くした方が有益でしょう。
さらに、有償版と機能的に差分がない無償版があるのは、開発者にとっては非常にうれしいこと。検証とかしやすくなりますからね。

Cloud.com社は、そのようなことも狙って、提供しているのでしょうかね。


しかしながら、開発ペースを考えると、この人数でグローバル展開やっているのはすごい。エンジニアが皆優秀なのかな。一度、視察とかさせてもらいたい...


上記以外に、当日はIDCフロンティア社の事例(NOAH)やCitrix社の事例の話などもあり、実用レベルの高さを感じました。
このようなクラウド基盤プロダクトが普及してくると、サービスの提供の仕方だけでなく、開発の仕方なども変わってくるんだろうな、って感じます。

そういえば、導入するにあって、どのようなところで苦労したか、質問しようと思っていたのを忘れていた。
まだ情報は少ないだろうし、ハマった点もあったと思うのだけれど... 今度、機会があったら聞いてみよう!


クラウド基盤プロダクトについては、現在もいろいろと新しいモノが登場していますが、CloudStackの今後は楽しみだと思えた会でした。


CloudStackユーザー会スタッフの皆さま、貴重な会、ありがとうございました!