読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Teeda

コミッタになりました

「Teeda Extension featuring Goya」なんて記事を書きながら、Teedaのコミッタではなかった私なのですが、この度、コミッタにして頂きました(wこれからよろしくお願いします>Teedaコミッタの方々

Seasar Conference 「現場で役立つ実践Teeda

5/27(日)のSeasar Conferenceで、Teeda関連のセッションで登壇します。私が実際の案件でTeeda Extensionを利用した経験を踏まえて、「○○のようにすると良かった(成功例)」「振り返ってみると、○○のようにしておくべきだった(失敗例)」というノウハウを…

Teeda Extension featuring Goya 〜内部設計【ScopeとTakeOver】〜

要件定義→外部設計→(アーキテクチャ)→内部設計→コーディング→単体テスト→結合テスト 今回は、Teeda独自のスコープおよびTakeOverについて、説明します。これらは、画面遷移時のプロパティ値の引き継ぎに深く関わっています。 Teedaにおけるプロパティの引…

Teeda Extension featuring Goya 〜内部設計〜

要件定義→外部設計→(アーキテクチャ)→内部設計→コーディング→単体テスト→結合テスト今回から、数回に分けて内部設計について紹介していきます。 工程の位置づけ システムがユーザに提供するものが、システム内部でどのように振舞うかを定義します。 各機能…

Teeda Extension featuring Goya 〜内部設計【AOPの適用】〜

要件定義→外部設計→(アーキテクチャ)→内部設計→コーディング→単体テスト→結合テストAOPの適用は、自分でも何となくやってしまっているところがあり、設計手法として改めて考えてみると、説明が難しいところがあります。 今回は、自分なりの考えをまとめて…

FacesMessageでのSeverityに応じたスタイル指定

JSFでは、何でエラーメッセージと通知用のメッセージを分けられないのだろう、って思っていたんですが、FacesMessageクラスにはseverityプロパティがあって、メッセージのレベルを指定できたんですね。知りませんでした(汗) JSFの h:messages タグでは、各…

Teeda Extension featuring Goya 〜アーキテクチャ【Pegeの継承】〜

要件定義→外部設計→(アーキテクチャ)→内部設計→コーディング→単体テスト→結合テスト今回は、Pageクラスの継承についてです。 Pageの継承 現在のTeedaのバージョン(3/18現在 Ver.1.0.6)では、各画面のPageクラスは、基底となる独自のPageクラスを継承する…

Teeda Extension featuring Goya 〜アーキテクチャ【コンポーネント】〜

要件定義→外部設計→(アーキテクチャ)→内部設計→コーディング→単体テスト→結合テスト今回は、各コンポーネントの役割についてです。 Action 役割 プレゼンテーションロジック。画面項目の表示/非表示切替や、ボタンを押下したときの処理などを記述する。 …

Teeda Extension featuring Goya 〜アーキテクチャ【レイヤー構成】〜

要件定義→外部設計→(アーキテクチャ)→内部設計→コーディング→単体テスト→結合テスト 今回はアーキテクチャについてです。 レイヤー構成について、3パターンほど私が考える案を紹介します。 各コンポーネントの役割については、別途説明したいと思います。 …

Teeda Extension featuring Goya 〜外部設計〜

要件定義→外部設計→(アーキテクチャ)→内部設計→コーディング→単体テスト→結合テスト 工程の位置づけ システムがユーザに提供するものを定義します。 システムの振る舞いとして、ユーザレビューを行うもの 内部設計以降の工程でプロジェクトメンバが増える…

Teeda Extension featuring Goya 〜はじめに〜

Teeda Extensionを実案件に利用した経験から、数回に渡って、勝手にTeedaの最適化プロセスを考えてみます。「プロセス」という言葉が、重くて取っ付きにくい、と感じる方は、「アプローチ」「開発手法」「指針」などとお考えください。 ベースは、Goya(Goal…

Teeda Extension featuring Goya 〜要件定義〜

要件定義→外部設計→(アーキテクチャ)→内部設計→コーディング→単体テスト→結合テスト 普段使用されている手法で問題ありませんが、Teeda Extensionの強み/弱みを知らないと、後で苦労することになると思いますので、ここでは、その点について紹介したいと…