読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テスト/品質系エンジニアが身に付けておくと得をする7つの技術

Software Test & Quality Advent Calendar 2011」の初日エントリーとして、書きます!


テスト/品質系のエンジニアも、今や、テストや品質のことだけを知っているだけでは、幸せにはなれない時代となってきています。

プログラムは書けなくても、身に付けておくと良いと思っている技術をまとめてみました。

※注
今回記述した内容は、以下のような私のドメインに偏ったモノになっています。

  • ミッションクリティカル/エンタープライズ系
  • Java/.NET

他のドメインでは異なる部分や他の標準的なツールがあれば、コメントを頂ければと思います。

バージョン管理/課題管理

今や、必須のスキルと言えるでしょう。
バージョン管理(SCM/VCS/DVCS)としては、

などが有名ですね。

分散型の場合は、各エンジニアが自分のリポジトリで作業可能ですが、最終的にはバージョン管理のマスター的な存在が必要になるので、開発者以外でブランチ/マージもできる人がいると、心強いですね。


また、課題管理(ITS)も、バージョン管理とセットで利用できるとうれしい。
TracRedmineあたりが有名ですが、基本的な概念に大きな差はないので、

  • バージョン管理との連携
  • チケットのカスタマイズ
  • チケットのレポーティング

などができると良い。

ビルド

Javaでは、AntMaven、.NETでは、NAntMSBuildを良く使います。
テスト/品質系の方では、自分が思っているよりも、上記ツールのビルドスクリプトの作成方法を知らない方が多いのですが、ビルドぐらいはできないと、テストやリリースの効率が悪いです。

「ビルド=コンパイル」ではなく、アプリケーションを動作させるためのパッケージングまで、自動ビルドできるようにしておくことが重要。

CI(継続的インテグレーション

上記、バージョン管理/課題管理+ビルドができれば、CIの世界は目の前。
ビルド、メトリクスの取得、xUnitテストなどが自動で行えるようになります。
これまでいろいろ経験した中で思うことは、実は、上記に挙げた部分は、自動化しておかないと続かず、問題が発生しても放置されてしまいます。

だから、CIが重要。
ツールとしては、Jenkinsが素晴らしく使いやすい。
最近、「Jenkins実践入門」も出版されたので、これから始める人も良い機会ではないでしょうか。

スクリプト言語

プログラムは書けなくても、とは言いましたが、スクリプト言語は使えるようになっておくと、仕事も効率的になります。

Windowsバッチ/WSHPowerShellUNIXシェルといったプリミティブなモノから、アプリまで開発できるようなGroovy/RubyPythonなどの高機能なモノまであります。
何かひとつでも使えるようになっておくと、仕事の効率が大分上がります。

自動試験

世の中、まだまだ人海戦術でテストを行っている状況が多々ありますが、自動化できるところを増やして、より創造的な仕事をしたいですね。
私のおすすめは以下。

  • Selenium(Webアプリの機能試験の自動化)
  • UWCSGUI系の操作を伴う試験の自動化)
  • JMeter(負荷試験)

これだけでも使い方を知っていれば、自動化で対応できる範囲が広がります。

仮想化・クラウド

テスト環境を構築するって、大変ですよね?
最近のシステムは、構成も複雑になっているので、テスト環境を構築するだけで、かなりの工数がかかることがあります。

仮想化として、VMWare vSphereMirosoft Hyper-VOracle VirtualBoxなどを知っておくと、環境の複製やバックアップ、切り戻しなどが簡単に行えるようになります。

私の場合、基本的にテスト環境は仮想化で構築するようにしています(もちろん、実機としての評価が必要な場合は、その限りではないですけど)。

また、仮想化だけでなく、場合によってはクラウドのサービスをを利用するのも手です。
サーバをレンタルするよりも、クラウドのサービスを利用した方が、手間もコストも減るケースもあると思います。
分散拠点でテストを実施する場合も、利用効果は高いと思います。

Excel

最後は、なんだかんだ言ってもExcelは必須だと思います。
(といっても、バグなどの管理は課題管理のツール使ってくださいね)

COUNTIF、SUMIF、VLOOKUPなどの集計関数や、ピボットテーブルは、当たり前。
SUMPRODUCT、INDEX、OFFSET関数、配列数式あたりまで使える人は強者。

さらに、マクロなどで、データの取り込み・加工から、集計・グラフ化まで行える人は最強ですね。

最後に

思っていたより長くなってしまいました。
「QC7つ道具」を意識して、「7つの技術」を挙げたのが間違いだったか...

と、ここまで書いてみて「Software Test & Quality Advent Calendar 2011」と言いつつも、直接テストに関係していない内容になっているかもw

テーマは自由、ということで、この後続く方のエントリーもお楽しみに!

#まだまだ参加人数少なく、これでは12/25までもたないので、
#このエントリー見てくださった方も、一緒に Advent Calendar やりませんか?

分散リアルタイム処理フレームワーク Storm(その2)

今回は、Stormの構成要素について見てます。

Stormのコンセプトとしては、以下の要素が登場します。

  • Streams
  • Spouts
  • Bolts
  • Topologies

それぞれ、以下のようなモノを指しています。


Streams

Streamとは、途切れずに連続するTuple(タプル:処理するメッセージを保持するStormのデータ構造)を意味します。

Spouts

Spoutは、Streamのソースとなるものであり、Tupleを送り出すことが役割です。
Twitter APIで、メッセージを読み込む部分などがそれに該当します。
backtype.storm.spout.ISpout インタフェースを実装します。

Bolts

Boltは、Streamの変換処理を行います。単一、または、複数のStreamからTupleを受信し、加工した上で、新たなStreamにメッセージを送信します。
関数処理、フィルタ、Aggregation、Join、DBとの処理などを行うことになります。
backtype.storm.topology.IBasicBolt インタフェースを実装します。

Topologies

Topologyは、Spout、Boltからなるネットワーク構造を示します。


こうして見てみると、非常にシンプルな構成ですね。
Boltの処理などは、実案件ではもっと複雑になると思いますが、複数のノードで連携できるため、
機能も分けやすく、スケーラビリティも確保しやすいと思います。

Stormでは、SpoutとBoltの処理を実装すれば、リアルタイムに処理を行うことが、簡単に実現できるようになるはずです。


以下の内容を見ると、より詳細が分かります。

分散リアルタイム処理フレームワーク Storm(その1)

少し前になりますが、2011/09/19に、Twitterから、分散リアルタイム処理フレームワーク「Storm」がオープンソース化されて公開されました。

最近は、Hadoopの効果により、BigDataへの注目度が高まっていますが、Hadoopが領分とするバッチ処理から、よりリアルタイム処理へのニーズが高まってきているように思います。


Stormは、BigDataに対してリアルタイムの処理を可能にするフレームワーク

Hadoopと比較されることがありますが、個人的には、それぞれ用途が違うと思っているので、比較することにあまり意味はなく、特性に応じて使い分けることが重要だと思います。


Stormの特性は、以下のような点。

  • 非常に広範囲のユースケース
    • メッセージ処理、ストリーム処理、データストリーム上の継続的なクエリ実行・クライアントへの結果配信、同時並行で行う対話形式での検索回答(分散RPC)など、様々な処理をサポートする。
  • 拡張性
    • 水平方向にスケーラブル。計算は複数のスレッド、プロセス、サーバーを使って並列に行われる。
  • データ損失が無いことの保証
    • 各メッセージ(イベント)は少なくと1度は処理されることを保証する(S4などと異なる点)。
  • 堅牢性
    • 面倒な管理を必要としない。
  • フォールトトレラント(無停止運用)
    • ワーカープロセスとノード故障を管理していて、障害が発生した場合、自動でタスクの再割当てを行う。
  • プログラミング言語を選ばない


Stormは、Twitterのバッググラウンドとして利用されているようですが、フレームワーク自体は、Twitterの処理に依存するものではなく、広く応用できるモノです。

まだまだ情報も少なく、インストールするだけでも大変な面はありますが、今後の動向が楽しみでもあります。

Advanced Tech Night No.2 「ジャバラーが知っておくべき最近の開発言語のこと」

第2回『Advanced Tech Night』を開催します!

今回のテーマは 『ジャバラーが知っておくべき最近の開発言語のこと』

リリース直前の「Java SE 7」、最近注目度が高まっている「Scala」など、最近の開発言語動向に関したセッションをお届けします。

なお、若干スピーカー枠に時間がありますので、自分も発表したい!
という方は、ぜひご連絡ください!
Java系でなくとも構いません)

Lightning Talksとしての発表でもOKです。


申し込みはこちら↓から
http://atnd.org/events/17313

FindBugsの「Experimental」というBugCategory知ってるか?

以前、

FindBugsのバグパターン一覧

という記事を書いたのですが、そのときから大分バージョンも変わりましたね。


最近、同僚に聞かれたところから、調べてみて知ったのですが、BugCategoryに、

EXPERIMENTAL

なるモノがあるじゃないですか!?

これは、まだ試験的な扱い、というバグ分類らしいですね。

2011/06/21時点の最新版である、Ver.1.3.9では、以下の2つのルールが存在しています。


ただ、FindBugsのツールによっては、エラーとして出力されないようなので、注意が必要です。
MavenFindBugsプラグインでは、エラーとしてはレポートに出力されていませんでした(なので、これまで気付かず...)。